Race Report

大会名:2018 JAPAN CUP OPEN RACE WOMEN

開催日:2018年10月20日(土)
開催地:栃木県宇都宮市/森林公園周回コース
距離:30.9km(10.3km×3周回)

スタート時刻:11:5

​参加選手:伊藤杏菜 

リザルト:1位 石上夢乃
     2位 西加南子
     3位 大岩明子
     4位 伊藤杏菜

レースレポートシーズン後半戦の1番重要視しているJAPANCUPオープンレース。
チーム地元戦という事もあり、気合いを入れてトレーニングを重ね臨んだ。
1周10.3kmコースを3周回30.9kmで争われ、スタート直後から登りのコースレイアウトの為入念にアップをして備える。1周目から古賀志登りでバラけ、下りきった段階では既に8名ほどに絞られ、2周目の登りでも大堀選手を先頭に振るいにかけられバラけた8名だが下りで追いつく展開。
その後、西選手が単独で先行する場面も見られるが吸収し、最終周回へ。最終周の登りでも大堀選手の引きについていけない集団はバラバラ。
伊藤は先頭から遅れる事5.6位番手で登り切る。
下りきった時には先頭から40秒差。
伊藤は成海選手と協調し25秒差まで詰めるが追いつけず。前からドロップした大岩選手を吸収し、残り500mを過ぎたあたりで成海選手が抜け出す。
チェックし、最終コーナーを曲がったあたりから大岩選手に先行されてしまい4位でフィニッシュ。表彰台を逃してしまった。

​国内最大レースJAPANCUP。大きくテントを張ったバイクスポンサーMERIDA

地元での重要なレースに準備を進める伊藤杏菜選手

 © 2018 Satoru Katou 

​秋晴れの中スタート位置につくオープンフェミニン選手達

 © 2018 Satoru Katou 

アップダウンの厳しいコースレイアウトの中。振るいにかけられた中先頭集団を引く伊藤杏菜選手

​きつい登りが選手達の体力を削り続ける。テンポ良く登っていく伊藤杏菜選手

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

​先頭の引きが強く次第にばらけて行く集団。レースは後半戦へ

 

苦手意識があった登りでもしっかりと勝負に絡めるようになった伊藤杏菜選手

2018ジャパンカップオープンは4位とあと一歩のところで悔しい結果に終わった伊藤杏菜選手

​今年も残り1レース。最終レースは得意のクリテリウム締めくくりがせまる。

FOLLOW US HERE: 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

© 2017 by LiveGARDEN BiciStelle Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせ  |  k.z.k.a.m.g.i@gmail.com    |      栃木県宇都宮市西一の沢町1-1  |   (080) 3453-1923