Race Report

大会名:第53回JBCF東日本ロードクラシック

開催日:2019年4月27日(土)
開催地:群馬県利根郡みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター
距離:36.0km(6.0km×6周回)

スタート時刻:13:31

​参加選手:吉川美穂 伊藤杏菜 新川明子 滝川陽希

レース序盤は特に大きなペースアップもなく、ポツポツと単独逃げが発生するも程なくして吸収される。集団の動きに反応できるよう、出来るだけ集団前方に常に誰かが位置する状態をキープ。
危険と思われる動きには吉川が筆頭となりコミュニケーションをとり、新川、滝川が率先してなるべく反応するようにし、伊藤も集団内で動きを見極めながら周回を重ねる。

5周目に単独で逃げる選手を追う形での伊藤ゆい選手のアタックにより集団が分裂し、吉川含む数名が先頭2名を追いかけながら最終周回へ。

最終周回の下りで全て吸収し、8名の先頭集団で心臓破りの坂を越えバックストレートへ入る。
ラスト500m、300mでそれぞれアタックがかかるが焦らず対処し、スプリントで勝利した。
吉川選手コメント

「吉川は久しぶりのレースだったので不安もあったが、スプリントに持ち込みチームに勝利を収める事が出来て本当に嬉しく思う。」

季節の流れが一足遅い群馬県みなかみ町。桜が咲き誇るこの地で今回のレースが開催される

​気温がかなり低い寒空のした中補給をとる新川明子選手。

早朝の移動、公私共にいそがしい滝川陽希選手はギリギリまで睡眠をとる

最近愛機が増えた伊藤杏菜選手。レース前のひと時を女子ならではの目線でおさめる

トラック競技の合間をぬってロードレース参戦の吉川美穂選手。エースの走りが期待される

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

Pioneerのパワーメーターが選手達の走りを正確にフィードバックする

 

​アップを始めるライブガーデンビチステンレメンバー

​寄り添ってサポートを続ける雨谷マネージャー。時には一歩ひいて選手達を見守る

 © 2019 SATORU KATO

​気温が一桁台の中でもアップでしっかりと汗をかき始める吉川美穂選手

​スタート地点へ向かう選手達。開催を重ねるごとにチームの団結力も増してきた

 

​スタートしたJフェミニンレース。距離は短いもの心臓破りの坂などきついコースレイアウト

 

​   レース序盤は集団内で待機する吉川美穂選手と滝川陽希選手

集団のまま心臓破りの坂を駆け上がっていくプロトン。前方をキープする新川明子選手

 

 © 2019 SATORU KATO 

​散発的なアタックをメンバーがチェックし守られながら周回を重ねる吉川美穂選手

今回はアシストも兼ねながら走る伊藤杏菜選手。落ち着いて状況を見極める

徐々に活性化しはじめたレース。メンバーの位置などを確認する吉川美穂選手

レース経験値が少しずつ高まってきた滝川陽希選手。アタックにも対応が出来るようになってきた

レース終盤にアタックが決まり集団がバラけはじめるがしっかりと位置をキープするライブガーデンビチステンレメンバー

晴れ間も続く中雪がちらつき始める。厳しい環境が選手達におそいかかる

吉川美穂選手がいる先頭集団を追う新川明子選手。最後まであきらめない走りが続く

雪も激しさを増す中。最後のフィニッシュをかけたスプリント勝負が開始される

トラック競技で進化したスプリント力で優勝を飾った吉川美穂選手

久しぶりの吉川選手とチームの勝利に喜びがひとしおの雨谷マネージャー

14位でフィニッシュした新川明子選手。しっかりアシストの仕事をした

17位でゴールした伊藤杏菜選手。厳しいレース展開を戦いぬいた

チームの勝利を聞きうれしさがこみ上げる滝川陽希選手。自身も19位と完走した

ダウン中にすぐレースの振り返りをするライブガーデンビチステンレメンバー勝ったレースでも修正を重ねていく

引き締まった表情の吉川美穂選手。ロードレースでも結果を出したことで強さの証明をした

2019シーズン初勝利を飾った群馬ロードレース。次戦は地元宇都宮の二連戦がまっている。

FOLLOW US HERE: 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

© 2017 by LiveGARDEN BiciStelle Corporation. All Rights Reserved.

​お問い合わせ  |  k.z.k.a.m.g.i@gmail.com    |      栃木県宇都宮市西一の沢町1-1  |   (080) 3453-1923