Race Report

大会名:茨城シクロクロス(UCI2)

開催日:2018年10月8日(月)
開催地:茨城県取手市椚木・小貝川リバーサイドパーク
距離:(1周2.5km)

スタート時刻:11:25

​参加選手: 林口幸恵

結果:林口選手9位

〔林口選手コメント〕​

レースは、ロードで鍛えたフィジカル面、レース展開をクロスで活かせるか、現状の実力を試すことを目的としました。

今年もコースはほぼ同じ。フラットな舗装の直線区間も長いので、空気圧は高めに設定。テクニックというよりは、スピード、有酸素能力が必要とされる。

当日は、朝から薄曇。スタート前に予想外の雨で路面が濡れている箇所もあったが、気になるほどではない。
いつにない緊張感の中スタートラインへ。
スタートは、クリートキャッチミスをしてしまい後退。追い上げる為に無駄に足を使ってしまったが、直線区間で数名パス出来き、最後まで出し切って終わることができました。

昨年より、シクロクロスのベース作りとして、本格的に取り組んできたロード練習。クリテやタイムトライアルレースのにも積極的に参戦して、フィジカル面の強化、レース展開を学んできました。少しずつではあるけれど、フィジカル面が強化できてはいるが、今回のレースではまだまだ足りないと感じました。集団から離されてしまうなど、ロードレースで培ってきたことがほぼ出来ずに終わってしまいました。
昨年より順位を落とす結果となったことは、とても残念ではあるが、今自分に足りないものがわかり、やるべき事を明確に捉える事ができました。

目標レースである全日本に向け、しっかりと調整していきたいと思います。
皆さまの応援、本当にありがとうございました。
引き続き応援どうぞよろしくお願いします。

​シクロシーズン到来ロードでも走ってきた林口幸恵選手が主戦場にたつ

UCI2で行われる取手ステージ。フェミニンレーサーたちがスタート位置につく

​スタート直後送れてしまった林口幸恵選手。すぐに集団に追いつく

平坦基調のコースレイアウトを丁寧いこなしていく林口幸恵選手

​スタート直前の雨でややウエットなコースコンディション。

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

​直線区間などをうまく使いパスして行く林口幸恵選手

 

フィジカルがまだ仕上がってない林口幸恵選手。段々と後退してしまう

​前年度から順位を落としてしまい9位でフィニッシュした林口幸恵選手。

FOLLOW US HERE: 

© 2017 by LiveGARDEN BiciStelle Corporation. All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

​お問い合わせ  |  k.z.k.a.m.g.i@gmail.com    |      栃木県宇都宮市西一の沢町1-1  |   (080) 3453-1923