Race Report

大会名:jBCF宇都宮ロードレース

開催日:2020年8月9日(日)
開催地:宇都宮森林公園

距離:33km(6.6km×5周)

スタート時刻:11:11

​参加選手:林口幸恵 新川明子

E2の選手と1分差スタートの混走レースとなる。

女子は前日より少し多い、総勢17名。

ローリグスタートで、裏鶴カンを登り、約2km付近でリアルスタートとなる。

1周目の萩の登りまでは2人とも集団についていけたが、その後のアップダウンで徐々に離されてしまい、新川は集団からドロップ。林口は2周目の裏鶴カンの登りで、先頭集団から落ちてきた選手と2名で追うが、差は少し縮まってはきたものの、3周目からは一人旅となってしまった。

群馬ように流れるようなコースではなく、宇都宮のコースはインターバル要素が多いため、耐乳酸の強化がより必要となると感じた。

林口は、今年のロードシーズンは、この宇都宮で終了の予定。少しオフをとり、クロスシーズンに向け練習をスタート。コロナの影響で、今後のレーススケジュールがしっかりと立てられない感じではありますが、今できることを考え日々の練習を積み重ねていきたいと思います。

403A7359.JPG

ジャパンカップも開催される森林公園でのレースが始まる

 

1.jpg

E2との混合レースになるフェミニン選手たちがスタンバイ

2.jpg

前日より参加数が増えたフェミニンがローリングスタートする

3.jpg

鶴カントリーの登りに入る選手たち。5周回の短期決戦が始まる

4.jpg

昨日の好調だった林口幸恵選手が前方で進んでいく

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

5.jpg

高いモチベーションで挑んだが中々コンディションが伴わない新川明子選手

 

6.jpg

 © 2020Kensaku Sakai 

集団とも離れてしまい追う展開となってしまった林口幸恵選手

7.jpg

​前日に引き続きDNFとなってしまった新川明子選手がコースを外れる

9.jpg

​8位フィニッシュとなった林口幸恵選手シクロクロスに向けて2020

ロードシーズンを終了する

10.jpg

​新川明子選手は来年の全日本に向けて調整期間に入るため2020シーズンを宇都宮ロードで締めくくり再起をかける